Entry: main  << >>
城山南壁・中央壁左ルートにて
H田です。

2月23日に城山南壁の中央壁左ルートでフリークライミングをしてきました。
このところの降雪でレスト三昧であったため、なまりきった体を奮い立たせて、勘を取り戻すのがねらいです。
メンバーはかみさん。

斜上バンドに向かう事実上の1P目(「ラーニング・トゥ・クロール」5.9)。
久しぶりのクライミングでおっかなびっくりでした。

斜上バンドから上が「左ルート」とされる。その1P目(事実上2P目)の出だし小ハング。

2P目(本当は3P目)の小ハング越え。

この上のピッチはどこでも登れそうなスラブ壁ですが、支点が乏しくライン取りもわかりにくいため少々嫌らしく感じました。
「左ルート」は2012年に登っていますが、ほとんど忘れていてけっこう楽しめましたね。
周辺マルチピッチルートは今まで見たことがないくらいの激混みでした。城ヶ崎で事故があったらしく、けっこう人が流れてきたとのこと。岩のタイプは随分違う気がしますが。
しかしながら、本ルートは先行・後続全くなしで、誰もいない静かなクライミングを終始堪能できました。

下降してから、「ハーフムーン」5.10aをRPで登り、遊びました。
以前TRで遊んだところです。2本目のハンガーが外されていることをすっかり忘れていて、怖い思いを少しだけしました。


前回きた時より明らかに暖かく、ふもと集落の梅の花とともに春の兆しを感じさせられました。
少ないトライでしたが、まずまずの感触を得ることができました。


 
| 東京雪稜会 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Category

Entry

Comment

Trackback

Link

参加登録参加サイト一覧ランダムジャンプMOUNTAIN RINGホーム

Archives

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Feed