Entry: main  << >>
湯河原幕岩・正面壁にて(その3)
H田です。

12月21日の日帰りで湯河原幕岩・正面壁で調整トレーニングをしてきました。
メンバーはかみさん。

下の写真は「ラナ」5.10b(NP)をオンサイトトライで登ったところ。
意外と登りやすかったのもあって、核心部はカムを必要以上に入れてしまったように思います。
シンハンドの好ルートだと思いました。
ラナ

トポでは×印がついている「ABURANUKI」5.9(NP)はナッツを駆使して登る渋いルートでした。
見てくれ怖かったので、TRで練習してからのトライとしました。
オンサイトで適当に突っ込んだら危なかったかも。RPはしました。


3連休の初日ではありましたが、他に2人組で3パーティいただけのがら空き状態でした。
人気ルートでアップやダウンもできました。
暖かな日ざしもあって遅いスタートの割にはまずまずの調整ができたかと思います。

若い2人のクライマーが声高に海外登攀の自慢話(他人が聞いたらそうとしか思えない)をずっとお互いに向けて話していました。
どうしても聞こえてくるのでうるさいのと恥ずかしいのとで、彼らがいる間は集中をそがれて迷惑でした。
上手な登りもしていましたが、こういうのが今時の「登れるクライマー」なのでしょうか。
自らの戒めとしたいと思いました。


 
| 東京雪稜会 | 12:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
今年も大変お世話になりました。年末年始は、若いもんに負けないクライミングを楽しまれて下さい。ジジイはコタツで、丸まってさけのんでいます。よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by: 下山連絡先 |at: 2013/12/23 2:29 PM








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Category

Entry

Comment

Trackback

Link

参加登録参加サイト一覧ランダムジャンプMOUNTAIN RINGホーム

Archives

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Feed