Entry: main  << >>
11月月例山行 山梨県 乾徳山にて
H田です。
11月月例山行報告を世話人として報告いたします。

日程:2013/11/16〜11/17
メンバー:H田(全体L)、S野、K澤、K林T、K林Y、K礒(PL)、かみさん(ゲスト)

今回は3年前に当会代表のY田氏が企画した月例山行を真似て、山梨県・乾徳山(けんとくさん)の岩場へのトライを絡めた計画としました。

大平高原10時に集合し、順調に国師ヶ原にある無人の避難小屋に到着。荷物をデポして乾徳山の岩場にアプローチしました。
天候は安定し、すばらしいクライミングができるはずだったのですが・・・。

前日来降雪に見舞われたようで、そこここに雪がまだ残っていました。
とりあえず、私がリードして1P登ってみたのですが、その先にもいくらかルート上に雪が残っていました。

コンディションだけでなく、日の短い時期であることも考え、残念ではありましたがS野さんとK林Yさんだけに回収がてら1Pのみ登っていただくようにしました。

この日はやむなく避難小屋に戻ることになりましたが、参加メンバーの協力のもとで薪ストーブを利用して暖をとり、心地よいひとときを過ごすことができました。

翌日は岩場のコンディションに変わりないとあきらめ、一般ルートからの登頂を目指しました。
スリリングな鎖場もあり、思いのほか楽しめました。


山頂の肩に達してからは、遠く望むことができた富士山や南アルプスの山々を堪能することができました。
下の写真は自分の影を岩場に映すかみさんです。


本来なら富士の遠望を愛でながら爽快なクライミングができたはずなのですが・・・。
旗立岩中央岩稜上部の全容です。
壁に雪がついている様子が見てとれます。


旗立岩中央岩稜終了点付近を探索するメンバー。


頂上直下の鎖場を、K礒さんは「鎖なし」の限定で登りました。


この日はK師匠とK林Tさんには気を遣っていただき、小屋で荷物番をしていただきました。
申し訳なくも、ありがとうございました。

すばらしい景観は楽しめたものの、爽快なクライミングをみなさまに体験していただくことがかなわなかったのは心残りでした。まだ未踏のルートの取り付き偵察もできたので、機会あれば次のトライをしてみたいものです。

昼の12時前には大平高原に下山し、近くの笛吹の湯で汗を流しての帰京でした。
参加のみなさま、お疲れ様でした!
| 東京雪稜会 | 23:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
みな様おつかれさまでした!
用意周到な段取りをしていただいたH田さんには感謝です!

コンディションには少し恵まれなく残念でしたが、ロケーションといい変化にとんだ登山道といい、乾徳山はいい山ですね。
雪の頃にまた訪れてみたいです。

Posted by: K礒 |at: 2013/11/21 5:15 PM








Trackback

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Category

Entry

Comment

Trackback

Link

参加登録参加サイト一覧ランダムジャンプMOUNTAIN RINGホーム

Archives

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Feed